[MFC]ファイルから一行ずつテキストを読み込む方法

プログラミングではファイル操作を行うことはよくあります。

この記事ではMFCでファイルから一行ずつテキストを読み込む方法について解説を行います。

ファイルから一行ずつテキストを読み込む

MFCではテキストファイルを扱う場合にはCStdioFileというクラスを使用します。

ファイルを開く場合にはOpen関数、ファイルを閉じる場合にはClose関数、一行ずつテキストを読み込む場合にはReadString関数をそれぞれ使用します。

MFC
// ファイル名
CString fileName = _T("任意のファイルパス");
// ファイル
CStdioFile file;
// ファイルオープン
if(file.Open(fileName, CFile::modeRead | CFile::typeText))
{
    // 一行のテキストバッファ
    CString line;
    // 一行ずつ読み込み
    while(file.ReadString(line))
    {
        // 読み込んだ文字列に対して何らかの処理
    }
    // ファイルクローズ
    file.Close();
}

ファイルを開く処理はOpen関数を使わずにコンストラクタに同じ引数を渡しても可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です